| HOME | 概 要 | 奨 学 | 研究助成 | 業務・財務資料 | ニュース |


去る3月2日(金)財団法人レントオール奨学財団の第15回総会(理事会・評議員会・選考委員会)が開催されました。
今回は通常の決議事項に加え、公益法人制度の改革に伴い、当財団が来年4月1日を目標に「一般財団法人」へ移行することが決議され、併せて移行後の新法人の役員(理事・監事)・選考委員が選任されました。
その後、同会場にて平成23年度の当財団からの研究助成者による研究発表会、終了後に産学交流会も行われ、財団役職員及び奨学生にもご参加いただきました。       【於:ハートンホテル南船場】
【研究発表会より】

<平成23年度研究助成者からの発表>
■大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 教授 大須賀公一氏より
 発表テーマ:「構造体3次元形状モニタリングセンサ:「FST-M」の開発」

 
【交流会より】
奨学生も交えての交流会は大いに盛り上がりました。また、今春卒業奨学生のスピーチには
毎年のことながら、その真っ直ぐで高い志が深い感銘を与えてくれます。
もどる