| HOME | 概 要 | 奨 学 | 研究助成 | 業務・財務資料 | ニュース |


去る3月9日(木)本財団の第9回総会(理事会・評議員会)が開催されました。
(大阪市中央区 ハートンホテル心斎橋 会議室、パーティールームにて)
その後同会場にて平成17年度の研究助成者による研究発表会・懇親会も行われ、現在奨学金給付を受けている31名の奨学生のうち都合のついた9名にも参加いただきました。
 
【研究発表会より】
<平成17年度の研究助成者からの発表>
 ■大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻 講師 松村政秀 氏
  発表テーマ:破断特性の制御を目的としたスリット付きサイドブロックの開発に関する研究

 ■立命館大学 理工学部 建築都市デザイン学科 助手 芦田恵樹 氏
  発表テーマ:情報着用システムを利用した建設施工の高度化に関する研究

<本財団選考委員の研究発表>
 ■摂南大学 工学部 環境システム工学科 教授 道廣一利 氏
  発表テーマ:岩盤斜面崩壊警報システムの構築に関する研究
 
【懇親会より】
研究発表会終了後は、当財団役職員・奨学生・事務局メンバーを交えての懇親会が行われました。
慣れないスーツ姿で少々緊張気味の奨学生の皆さんも、徐々に和やかな雰囲気になじんだ様子が伺えました。また、選考委員の先生方からの叱咤激励の温かいスピーチに、奨学生の皆さんは気が引き締まる思いだったのではないでしょうか。
もどる