| HOME | 概 要 | 奨 学 | 研究助成 | 業務・財務資料 | ニュース |


平成17年度奨学生決定
5月31日開催の本財団選考委員会において、平成17年度奨学生応募者の中より、下記11名の採用が決定しました。平成17年度は、前年度からの継続者を含め、計31名の学生に奨学金を給付することになりました。
<大学・大学院>
 大阪大学  工学研究科  1名
 大阪市立大学  工学研究科  2名
 大阪市立大学  工学部  2名
 同志社大学  工学部  1名
 関西大学  工学部  1名
 摂南大学  工学部  2名
 大阪産業大学  工学部  1名
<工業高等専門学校>
 和歌山工業高等専門学校  機械工学科  1名
 
さる3月3日(木)に、本財団の第8回総会(理事会・評議員会・選考委員会)が開催されました。
(大阪市中央区 ハートンホテル南船場 会議室、パーティールームにて)
その後、平成16年度の研究助成者からの研究発表や懇親会も行われました。
この研究発表会と懇親会には、現在、奨学金を支給されている31名の奨学生のうち、都合のついた9名にも参加いただきました。
 
研究発表会より
<平成16年度の研究助成者からの発表>
・京都大学大学院 工学研究科 助手 山上路生氏
 テーマ:3次元多断層PIVを用いた複断面組織渦の立体構造と浮遊土砂輸送に関する研究
<本財団選考委員の研究発表>
・大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻 助教授 大島昭彦氏
 テーマ:地下水位低下を受けた大阪粘土層の再水位低下による沈下予測に関する研究
(研究発表会より)
 
懇親会より
研究発表会終了後、場所を変えて研究発表をされた山上先生や大島助教授、奨学生の皆さん、それに財団の理事、評議員、選考委員の方々にご参加いただき懇親会を開催しました。
選考委員である各大学の先生方から奨学生の皆さんへ激励のスピーチなどもあり、打ち解けたムードの中、会場のあちらこちらに輪ができ話し込むシーンが見られました。
産経新聞にて紹介されました
今回の研究発表会、懇親会の模様が翌日(3月4日)の産経新聞にて記事に取り上げられました。内容は、土木・建築分野とそれに関連する機械分野に絞った奨学財団の希少性や平成12年からの実績、そして研究発表のテーマなどでした。
もどる